MENU

働く職員のご紹介

HOME  >  働く職員

働く職員のご紹介 ~マイストーリー~

あいおんの丘大子で働くことを選んだきっかけは…
自然と笑顔が溢れ、綺麗で清潔な環境で、一緒に楽しく働いてみませんか?

No.1illust

ユニット 介護職員 大高 佑基(おおたか ともき)

MY STORY

写真

写真

介護は初めての仕事だったので、不安な気持ちでいっぱいでしたが少しずつ自信を持って働けるようになりました。

平成30年5月に派遣職員として入職し、なでしこユニットに配属となりました。介護は初めての仕事だったので、不安な気持ちでいっぱいでしたが、その中で先輩たちに介護の技術や利用者様とのコミュニケーションの大切さなどの指導をしていただき、少しずつ自信を持って働けるようになりました。

また、施設内研修で各ユニットを1週間ずつ回り、いろいろな利用者様や職員と接する機会を与えてもらい、スムーズに施設に溶け込むことができ、とても感謝しています。派遣職員から契約職員、正社員と約1年かけて徐々にステップアップをし、委員会や行事の実行委員会の委員として責任ある仕事も任せてもらえるようになり、とてもやりがいを感じています。

今後の目標は介護福祉士の資格を取ることです。自分自身の課題を積極的に改善し、介護の技術、知識の向上に努めていきたいと思っています。また、利用者様やそのご家族様とのコミュニケーションを大切にして仕事に取り組んでいき、信頼される介護職員になれるよう努力していきたいと思います。

illust

illust

illust

illust

採用ページはこちら

illust

No.2

MY STORY

写真

多床室 介護職員 須藤 愛乃(すどう あいの)

私は正職員で、1週間に3日も!公休があります!

私は正職員で、1週間に3日も!公休があります!

私があいおんの丘に入職したのは、2016年の1月のことでした。
介護の現場に携わるのは10年ぶりだったのでとても緊張したのを覚えています。またユニット型の特養で仕事をすることは初めてのことだったので不安もありましたが、配属されたユニットのスタッフ、利用者様たちが温かく迎えてくださったので楽しく働き始めることができました。

仕事については、従来型の施設に比べてご利用者様一人一人に対してきちんと対応できることを強く感じました。コミュニケーションをしっかりとれることにより個々の状態の把握も素早くできます。しかし、一方で一人での勤務となる時間帯もあるので慣れるまでは大変なこともありました。そのような時に予期せぬことが起きてしまうこともあって、対応力が試される現場でもあるので、とても勉強になり介護職として大きく成長できたことを実感できました。

山九、育休もしっかりとれて、子供が保育園に入園するまで1年半も休みを取らせていただきました。復帰した後は、家庭の都合に合わせた時間帯で働けているので、両立しやすく子育て中の主婦としてはとてもありがたく助かっています。
人を相手にする仕事なので、不満や葛藤はもちろんあります。ですが、人と人だからこそ感じられる喜びや感動があり、とても魅力的でやりがいのある職業につけて良かったと思っています。

写真

illust

採用ページはこちら

illust

No.3

ユニット 介護職員 大高 佑基(おおたか ともき)

MY STORY

写真

写真

大先輩である入居者様への尊敬する気持ち、寄り添う気持ちを大切にし、「その方らしく」過ごしていただけるように取り組んでいこうと思います。

私があいおんの丘に入職し7年目に入りました。
介護の経験がない状態で入職した私は、当初本当に続けていけるのか不安な気持ちだったことを今でも覚えています。その中で先輩方からの指導や施設の研修などを通じて知識や技術を徐々に身につけ、今では自信をもって介護を行えるようになりました。

現在は課長として職員の指導や教育に気を配る毎日です。現場の業務の流れなどを把握し、職員がスムーズに仕事を行えているか、また職員と利用者様のコミュニケーションはどうか、ユニット職員のチームワークはどうかなど、様々な点について注意しながら、施設のサービスの向上に努めています。

これからは自分自身の介護技術を高めることはもちろん、さらに多くの経験を積み、入居者様に心身ともに健康で安心していただけるよう頑張ってまいります。また、私たちの人生の大先輩である入居者様への尊敬する気持ち、寄り添う気持ちを大切にし、それぞれの方に「その方らしく」過ごしていただけるよう、強い気持ちをもって仕事に取り組んでいこうと思います。

illust

illust

illust

illust

採用ページはこちら

illust

pagetop